競馬歴30年が語る競馬予想とサルでも分かる優しい解説

馬主経験もあります!!

菊花賞2019 傾向とデータを読み取る

time 2019/10/19

菊花賞2019 傾向とデータを読み取る

主役不在の菊花賞!?

3歳クラシックの最後は淀3000の菊花賞。
最も強い馬が勝つ!と言われる誰もが走った事がない未知の距離。

今年は、皐月賞不在・ダービー馬不在で混戦ムードか!?

(個人的には、サ-トゥルナーリアに出走して欲しかったです。
昔の一口馬主の馬の兄弟でもあったので思い入れの強いシーザリオ一族で、
兄のエピファネイアは菊花賞制覇もしています。
天皇賞秋へ路線変更。怪物アーモンドアイと激突)

それでは、菊花賞の事前データのおさらいを…

 

レースの見どころ

1番人気がしっかり勝つのか?来ないのか?がよくわからないレースです。
昨年はフィエールマンが、ラジオNIKKEIから直行で、出走キャリアが少ない中での勝利にはびっくりしました。
ルメールマジックか?

3連単配当も比較的高め?と高配当に狙うには適したレースです。
しっかりと読み切って、スッキリと的中したいものです。

菊花賞のデータ(過去10年から読み取ります!)

①連軸に指名するなら、前走着順は3着以内はほしいところ!
連対している馬の中で、2017年のクリンチャー以外は、前走着以内に入っています。

②トライアル神戸新聞杯組を中心に狙う
過去10年の内の菊花賞1着馬の前走神戸新聞杯組は勝率70%とかなり高め

逆にセントライト記念組は勝率10%(名馬キタサンブラック)と苦戦傾向

③牝馬は文句なしに消し
3着以内までの入ったの牝馬は過去50年以上前でないと見つけられませんでした。

過去には最強牝馬でもあったダンスパートナーでさえも、菊花賞出走1番人気5着でした。
ここではノータイムで消し。買い目もなしです。

④出来れば内枠が望ましい。
スタートしてすぐに淀の特有コーナーがあるので、距離ロス・経済コースを考えるとなるべく内枠が望ましい。

菊花賞の注目馬情報

神戸新聞杯組
・2着 ヴェロックス
・3着 ワールドプレミア
・4着 レッドジェニアル
・5着 ユニコーンライオン

以下、データ上では連軸としては消し
・6着 シフルマン

セントライト記念組
・2着 サトノルークス
・3着 ザダル
・5着 ニシノデイジー

以下、データ上では連軸としては消し
・6着 タガノディアマンテ
・9着 ナイママ
・11着メイショウテンゲン

予想(買い目は後日)

現在までの収支 2戦1勝(秋華賞的中) +43,370円

買い目は、3連単フォーメーションと馬単です。
100円ずつの購入で、今年は1万円ぐらいの予算です。

3連単
◎→〇▲△→総流し(牝馬除く)

馬単
〇→◎▲△
▲→◎〇▲

down

コメントする